早めに行うのが大切!贈与の制度をうまく活用!

お金があるなら生前に少しずつ贈与しておく

相続をするとき、お金以外の不動産などは分けにくい問題があります。不動産として保有していると、時価に比べて低く評価されるので得とされています。だからといって不動産ばかりを持つのは、相続人にはあまりうれしくない状態かもしれません。最も使い勝手のいい資産がお金ですが、お金をそのまま相続すると象族税がかかりやすくなります。お金をたくさん持っているときにどんな相続税対策が良いかです。簡単なのは通常贈与をする方法です。毎年110万までの贈与は贈与税がかかりません。贈与税率は高いですが、税金がかからない贈与なら相続税よりお得です。贈与をした事実がわかるよう贈与契約書を作成しておきましょう。相続の3年前までの贈与は相続となるので、早めに開始しましょう。

収益不動産を生前贈与しておく

資産をたくさん持っている場合、その資産を引き継ぐ人たちは相続税を支払わないといけなくなります。沢山の資産はありがたいですが、あまり大きな相続税は負担になる場合もあるので注意しないといけません。もし、収益不動産を保有しているなら、早めに生前贈与しておくとよいでしょう。これは相続時精算課税制度の下で行います。生前の贈与でありながら、相続税として資産が計算されます。この方法のメリットは、収益不動産からの収益を貯め込まない部分です。貯めこめば、その分相続税にかかる資産が増えます。贈与しておけば、それ以降はその人の不動産収入になるので、その人の所得税などで計算されます。収益不動産は、持っているだけでどんどん資産が増えている実情を知っておきましょう。

お手軽な相続税対策のひとつとして、生前贈与があります。生前贈与は、子や孫へ、年間110万円まで、贈与した額に、贈与税がかからないというものです。生前贈与を利用すれば、相続税を節税することができます。