オートロック物件こそ危険な可能性も!?防犯意識は常に高く

オートロックは住民の防犯意識が薄くなる

訪問販売員による迷惑行為に対して、日頃から悩まされている場合には、オートロックの部屋へ転居したいと考える人が少なくありません。オートロックの賃貸物件はそれなりに家賃が高く設定されているだけでなく、住民の質も良いと考えているのであれば選択肢に入れても良いでしょう。しかし、オートロックがあれば不審者がマンションの共用部に入り込まないという保証はありません。なぜなら、廊下ですれ違う人に対してオートロックの内側だからという理由で、警戒心が薄れてしまうからです。宅配便や他の住人の後をカルガモ親子のように付いて入る方法で、残念ながら入り込めてしまうからです。オートロック物件に住む際には、より厳しい防犯意識を身に付ける必要があるでしょう。

管理会社の責任を明確にしておく

玄関のオートロックを開けて入り込む不審者に対しては、管理会社から派遣されている管理人の存在が大きくなります。住人の顔や名前をしつかりと覚えている管理人がいれば、訪問販売の営業員が入り込むことは無いでしょう。迷惑行為をする人が入り込んだ時の対処方法と管理人が果たす責任について、どこまで明確化されているか確認することが大切です。ただ入口横の管理人室にいるだけでは、役に立たないことになってしまいます。オートロック物件を探す時には、管理会社名だけでなく、管理人の常駐有無や緊急時対応方法も確認した上で、申し込むかどうかを決めると良いでしょう。オートロック物件は、住民が持つ防犯意識にかかっているわけです。

苫小牧の賃貸は自然に恵まれ、賃料も安くお得な物件が揃っています。アクセスも良く、利便性に優れたエリアと言えます。