ペット可物件は2種類あるので要注意!?ペット共生型住宅を探そう

ペット可となっている理由を確認しよう

ペット可物件を探す際には、一般的な賃貸物件よりも倍の時間をかけてじっくり探す必要があります。なぜなら、賃貸物件の多くがペット不可となっていて、ペット可の部屋は5%程度しかないので、長期間空いている部屋には何らかの問題が隠されている可能性があるからです。元々建築当時は、ペット不可だったにも関わらず、空室が増えたり老朽化にともなって入居率を上げるためにペット可へ切り替えたケースが少なくありません。入居者の中にはペットを飼っていていない世帯が含まれていると、入居者間のトラブルとなりやすい点に注意が必要でしょう。オーナー自らがペットを飼育していて、オーナー直接募集している部屋であれば、問題ありません。

ペット共生型住宅ならば住みやすい

ペットと共に暮らせる賃貸物件として、最初からペットと共に暮らすことを前提に作られたペット共生型住宅があります。ペット専用水飲み場や水道、足洗い場などが用意されている場合には、入居者それぞれが互いにコミュニケーションを取れることを考慮した設計がなされています。犬専用または猫専用と区別してある賃貸物件もあるので、ペット共生型住宅を選ぶ際には、動物の種類も確認しておくと良いでしょう。人気が高い部屋ほどすぐに埋まる傾向が強いので、オーナーまたは管理会社に空きが出る時に連絡を貰えるように話をしておく人が少なくありません。ペット共生型の賃貸物件は、入居者募集が始まる前に既に入居者が決まっていることが多い人気物件となりやすいタイプの部屋です。

東札幌の賃貸では設備環境や立地環境など利用者の要望に応えたマンションを十分に配慮して提案しています。