持ち家よりもお得?賃貸で生活し続けるメリットとデメリット

賃貸で生活し続けるメリット

持ち家よりも賃貸に住むことによって、経済的に負担が掛からないという点です。賃貸は家賃が発生しますが、持ち家を購入するローンの負担がありません。長年ローンの返済に追われるというプレッシャーもないです。他にも、土地の値下がりで不安に感じるということもありません。また、建物を維持するための税金や修繕費も住んでいる方には責任を負う必要がありません。年収が下がるという不安がある方は、賃貸に住み続けたほうが精神的には楽でしょう。他にもメリットとして、賃貸は生活の変化によって自由に引っ越しが出来るという点です。転勤や子供の進学によっては住んでいる場所を変えなければならないこともあるため、引っ越しによってのリスクが少なくなります。引っ越した先でも、近所で済んでいる方に不満がある場合や、治安が悪いこともあるので、また引っ越すことで対応することができます。

賃貸で生活し続けるデメリット

デメリットとしては、家賃を払い続けなければならないということです。持ち家ならばローンを払い終えることで負担を減らすことができますが、賃貸の場合は一生家賃を払い続けなければなりません。持ち家では自分の庭や駐車場があるというメリットがあります。庭があることでガーデニングやバーベキューなどをすることができ、物置も作ることができます。賃貸も持ち家も住み続けていくと住居費の総額はあまり変わらないとされています。ただ、持ち家の場合は資産として家が残り、賃貸の場合は何も残ることはありません。老後のことを考えるのであれば、持ち家を購入するほうが良いとされているので、これを機会に検討してみても良いかと思います。

麻生の賃貸物件は、築20年以上の鉄筋コンクリートや木造建ての物件なら、家賃は4万から7万円程度です。