住宅ローンが払えない!そんな時には任意売却を検討しよう

任意売却ってどんなもの?

住宅ローンは高額になりますので、支払えなくなった時には多額の借金の支払いがのしかかってくることになり、大きなプレッシャーになってしまいます。そんな時に家を手放し、その売却額を住宅ローンの残債の返済に充てるという方法があります。それが任意売却です。任意売却は住宅ローンを借り入れた金融機関と話し合いを行い、残債がある状態で住宅を売却することができるようにする方法です。任意売却を選択するメリットとしては、一般的な中古住宅の売却と同程度での売却ができる可能性が高くなるという点です。住宅ローンを支払えないままだと、最終的には競売になり、一般的な中古住宅の売却額よりも安い価格での売却になってしまいます。任意売却だと競売よりも高額で売却できる可能性が高くなりますので、残債を大きく減らすことができるのです。

任意売却の専門家に依頼しよう

任意売却は不動産屋でも取り扱っていることがありますし、専門的に任意売却を行っている業者もあります。手数料の安さで選んでしまいがちですが、任意売却には不動産や税金など多くの知識が必要となってきますので、依頼を行っても経験がない不動産屋などでは上手く行かないことがあります。任意売却の経験が豊富な業者に依頼した方が良いといえます。また、競売までの時間が短いと任意売却の話し合いがまとまらなくなる可能性があります。せっかく購入した家を手放すということでなかなか決断は難しいものではありますが、早めの決断が任意売却の成功に繋がります。

任意売却とは合理的な不動産取引をさします。専門の不動産コンサルタントに仲介してもらうことで、債権者と債務者間の調整をしてくれるのです。