失敗しない不動産屋選び!?こんな不動産屋は避けたい

現地待ち合わせ出来ないと不安になる

賃貸物件探しを行なう際に、インターネット賃貸情報サイトから部屋を探そうとした時に、最初の連絡で現地待ち合わせを指定すると不動産屋の質を判断しやすくなります。地域ごとに部屋の広さや築年数、駅からの距離などに応じてある程度の相場が決まっています。出来るだけ割安感が高い部屋を探したいと考える心理を利用して、インターネット上に掲載されている物件情報には、一部存在しない部屋を掲載している不動産屋が残念ながら存在します。現地待ち合わせを希望して、何らかの理由を言ってきた場合には、その時点ですぐに断ることが大切です。釣り物件を掲載している不動産屋と関わっても、優良物件を案内されることが無いからです。最も手軽に不動産屋を見分ける方法として利用すれば、部屋探しで最初のハードルは超えられるでしょう。

謎の徴収費用があったら断ろう

実際に現地待ち合わせをして、部屋を内見出来たら申込みするかどうかを考えることになります。賃貸物件情報として提示された初期費用の中で、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料以外に余計な費用が掛からないか確認しましょう。初期費用としてこれ以外に掛かるものは通常は無いので、余計な費用を徴収している場合には、申し込み自体を断るか契約から余計なものを外して貰うように交渉すると良いです。抗菌施工費や鍵交換費用については、任意で行われるものですから強制は出来ません。不動産屋が提携している業者からキックバック目当てでセット販売していることが多いので、大家と電話をその場で繋いでもらい、大家が求める条件のみにしてもらうことが賢い賃貸物件の申し込み方法です。

便利なマンションで生活をするなら、札幌の賃貸マンションを選ぶと駅チカ物件などを豊富な選択肢から選べます。